痛めた覚えありますか?

当院の常連の患者さんがご来院になりました。

『昨日起きた時から膝が痛くて、曲げられない。』

『でも、痛めた記憶もないし、流れが悪いだけやと思うんやけど・・・』

『どこの内臓の疲労やろか?』

正に当院の患者さんらしい発言です。

当院は、身体の繋がりを考え施術に活かしています。

内臓の疲労もその一つです。

痛めた覚えありますか?

東洋医学には経絡という考え方があり、ツボの流れが滞りが痛みや不調に繋がっていると判断します。

ということは・・・肩から手に掛けてツボの流れが悪いばかりに肘が痛いなんてことは良くある話です。

要するに痛いところだけが悪いところではなく、身体の疲労やストレスも痛みに関与するということです。

東洋医学は、もっと深みがありますが、今日は簡単な説明で終わります。

何が言いたいかというと・・・

痛めた記憶がないのに、痛くなることはある!ということです。

私の経験上、大半が痛めた記憶のない痛みだと思います。

なのに・・・

『昨日、荷物を持った時のあれかしら・・・』

『ちょっと躓きそうになったから・・・』

と無理に理由を探そうとする方が多いのです。

きっと・・・何かをしないと痛みは出ない!と思い込んでいるからだと思います。

思い込んでいるからこそ原因を探そうとするんですね。

身体は、溜まった疲労やストレスを素直に表現してくれます。

一見関連性のなさそうな場所でも表現します。

これが身体の繋がりなんです。

だから、痛めた覚えがなくてもいいのです。

その痛みから身体の繋がりを考え、施術していくのが我々の仕事なんです。

=====================================

【宝塚市の整骨院】整体・マッサージ師も通院・根本改善なら「しばた接骨院」【公式HP】

宝塚市川面5-16-1 (JR宝塚駅より徒歩3分)

TEL 0797-85-1818

「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

阪急宝塚線、今津線・JR福知山線などアクセスも良く宝塚市・西宮市・川西市

三田市・伊丹市・尼崎市・池田市・豊中市を中心に県内・県外からも来院する治療院

=====================================

コメントを残す