東洋医学的身体診断法(心・小腸編)

東洋医学において経絡(ツボの流れ)を内臓由来のものと考えます。

その各内臓に異変(疲れや病気など)が起きていると身体に変化があると考えます。

では、実際どんな変化が表れるのかその指標を列挙したいと思います。

東洋医学的身体診断法(心・小腸編)

2回目は、心・小腸の変動です。

不整脈・動悸・顔色が黒っぽい・立ちくらみ・胸の痛み・左の肩甲骨付近の痛みやコリ

左肩の痛みやコリ・上肢の虚脱感・赤ら顔・寝汗・大汗・ほてり感・左手小指側の異常

太もも後面の痛みやコリ・下腿部後面の痛みや張り感・上肢のむくみ・下肢のむくみ

顔面部のむくみ・みぞおち付近の違和感・口の渇き・あくび多発・易疲労感・左顔面の異常

後頭部のコリ・体調が急変し易い・急な痩せ・側頭部の張り感やコリ・首が異常に細い

上記のような傾向の強い方は、心臓や小腸に由来する流れを滞っていると判断します。

その調整を行うことで身体全体の調子を上げることが東洋医学的施術となります。

=====================================

【宝塚市の整骨院】整体・マッサージ師も通院・根本改善なら「しばた接骨院」【公式HP】

宝塚市川面5-16-1 (JR宝塚駅より徒歩3分)

TEL 0797-85-1818

「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

阪急宝塚線、今津線・JR福知山線などアクセスも良く宝塚市・西宮市・川西市

三田市・伊丹市・尼崎市・池田市・豊中市を中心に県内・県外からも来院する治療院

=====================================

コメントを残す