焦らないで子どもの吃音

幼児期に吃音になるお子さんが少なくはありません。

2~5歳の5%は吃音になると言われています。

医学的には原因は分かっていないのが現状だそうです。

言葉が身につき出す頃に発症するので不安に感じてしまうのは仕方がありません。

成長とともに落ち着いてくることが多いので、まずは焦らないことです。

吃音は、単語の最初の音を繰り返してしまったり、引き延ばしてしまったりするのが特徴です。

言葉を出そうと力を入れ、手や足を動かしてしまうなどの二次症状もあります。

焦らないで子どもの吃音

対処法としては・・・

ゆっくりと話できる環境作り

子供に答えを焦らさない

矢継ぎ早に質問しない

などお子さんがリラックスして話ができるようにしてあげることが良いようです。

整体学的に考えると・・・

お母さん自体がリラックスできていないケースが多いです。

その環境がお子さんに移ってしまうという考え方です。

最近では、家事、育児だけでなく、お仕事をされている方もたくさんいます。

朝の準備に時間が掛けられず、お子さんを急かす状況を作ってしまったり、

夜もやる事がたくさんあるので、お子さんと話していても答えを急がしてしまったりしていることが多いようです。

その環境の繰り返しが吃音に繋がってしまうとも言われています。

では、整体的には何ができるかと言いますと・・・

お母さんにリラックスしてもらうことです。

日頃の疲労をきっちりと抜いて頂くことですね。

お母さんがイライラしてしまうとお子さんにも影響してしまいます。

何故、お母さんかと言いますと、お父さんよりお子さんと向き合う時間が長いからです。

一番良いのは、親子で整体を受けて頂くことですね。

当院では、このようなケースはお一人さま分の料金でご案内しています。

一緒に来ていただくことで問題を共有でき、親子の絆が深まるケースも多いです。

まずは、焦らずです。

80%以上は、自然と治ると言われている吃音ですが、気になる場合はぜひご相談ください。

LINE@に登録後、トークにてご予約やお問い合わせが可能です。

友だち追加

=====================================

【宝塚市の整骨院】整体・マッサージ師も通院・根本改善なら「しばた接骨院」【公式HP】

宝塚市川面5-16-1 (JR宝塚駅より徒歩3分)

TEL 0797-85-1818

「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

阪急宝塚線、今津線・JR福知山線などアクセスも良く宝塚市・西宮市・川西市

三田市・伊丹市・尼崎市・池田市・豊中市を中心に県内・県外からも来院する治療院

=====================================

コメントを残す