中学生の踵の痛み・・・シーバー病(踵骨骨端症)かも!?

小学生や中学生くらいのスポーツをするお子さんで踵が痛い場合は、
「シーバー病」のケースがあります。

膝の障害で「オスグッド病」が良く聞かれますが、その踵版とお考え頂けると分かり易いでしょう。

当院でもサッカーをしている少年に良くある障害です。

原因は、踵への衝撃の繰り返しやアキレス腱(ふくらはぎの筋肉)、足底腱膜の過緊張が考えられます。

病院などでレントゲンを撮るとハッキリと分かります。

中学生の踵の痛み・・・シーバー病(踵骨骨端症)かも!?

当院では、長引く場合はレントゲンでの検査を薦めますが、
1~2週間程度で症状が落ち着くケースが多いのであまり検査を薦めてはいません。

病院では、必ずと言っていい程、「痛みが取れるまで安静」と言われてしまうからです。

踵の炎症を抑え、アキレス腱や足底腱膜の緊張を取って行けば、早期改善が見込まれるのに
ただ安静にしておくのは、もったいないからです。

皆さん、お医者さんに言われるとその通りにしてしまうケースが多いので、
当院では施術経過を見守りながら検査するかを判断しています。

症状の重さにもよりますが、当院では極力休まず、スポーツを続けれるような指導をしています。
中には、安静のケースもありますが、それは早期復帰を考えてのものです。

お子さんが「踵が痛い」などと訴える場合は、ぜひご相談ください。

大人の方でも踵が痛い場合は、アキレス腱や足底腱膜の炎症や緊張が考えられます。

【スポーツ外傷のページ】もぜひご覧ください。

===================================

【宝塚市の整骨院】整体・マッサージ師も通院・根本改善なら「しばた接骨院」

宝塚市川面5-16-1 (JR宝塚駅より徒歩3分)

TEL 0797-85-1818

「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

===================================

コメントを残す