四十肩・五十肩を改善するポイントとは!?

四十肩・五十肩の特徴として寝ている時に肩が痛くなる夜間痛の問題があります。

夜間痛に悩まされ不眠に陥る方も少なくはありません。

痛み止めやストレッチ、マッサージなどではなかなか改善しにくいことも多く、

いつまで経っても治らないとお悩みの方もたくさんいらっしゃるようです。

そんな四十肩・五十肩の夜間痛に関して書きたいと思います。

夜間痛の根本原因は・・・

肩関節の内圧が非常に高い

血流が悪い

この2点が特徴的な原因です。

四十肩・五十肩を改善するポイントとは!?

関節の内圧とは・・・

関節を上手く動かすために骨同士が離れないようにしている仕組みのことです。

関節の内圧が安定していると靭帯や筋肉に負担を掛けずに関節をスムーズに動かすことができます。

ガラスに吸盤が張り付いているような状態で、内圧が安定することで骨が関節にフィットします。

この関節の内圧は、筋肉が緊張してしまうことで高まってしまい、内圧が高すぎると

関節内で押し付けられてしまい痛みが生じます。

血流が悪いと何故痛むのか・・・

常に力が入っていると筋肉が過緊張を起こしてしまいます。

筋肉の過緊張状態が血流を悪化させ、痛みを出す物質が関節内に留まってしまうために

痛みが持続してしまいます。

関節の内圧が高いと血流も悪くなってしまいますし、逆も然りです。

この2点において肩関節内に痛みを留まらせてしまうことになるのです。

何故筋肉が硬くなるのか・・・

日常において身体の外側にあるアウターマッスルしか使わないことで、身体の内側の

インナーマッスルが使えていないことが原因となります。

いつも同じ筋肉ばかり使ってしまうから同じ筋肉ばかり疲れて硬くなってしまうのです。

これが長年続けられることによって40代や50代に起きる現象が、四十肩・五十肩なのです。

そのインナーマッスルは、『前鋸筋』であり、これが使えていないと外側にある

『三角筋』や『僧帽筋』ばかり使ってしまい、筋肉が硬くなってしまうのです。

予防としては・・・

『前鋸筋』の運動をすることが対策となります。

しかしながら・・・

すでに四十肩・五十肩でお悩みの方は、セルフケアだけでは追いつかない状態になっています。

まずは、適切な施術を受け、軽減してくればセルフケアを行うことが一番良いと考えます。

関節の内圧を安定させ、血流を改善させることが四十肩・五十肩の対策となります。

詳しくは、コチラもご覧ください。

WEB簡単予約は下記のリンクをクリック!!

しばた接骨院WEB予約(←クリック)

24時間いつでもご予約頂けます!!

LINE登録でも、ご予約やお問い合わせが可能です!

友だち追加

======================================

【宝塚市の整骨院】整体・マッサージ師も通院・根本改善なら「しばた接骨院」【公式HP】

宝塚市川面5-16-1 (JR宝塚駅より徒歩3分)

TEL 0797-85-1818

「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

阪急宝塚線、今津線・JR福知山線などアクセスも良く宝塚市・西宮市・川西市

三田市・伊丹市・尼崎市・池田市・豊中市を中心に県内・県外からも来院する治療院

======================================

コメントを残す