ランナー障害って何ですのん?

最近、言われるようになったランナー障害。

一体どんな症状がランナー障害と言われるのでしょう。

一般的に・・・走ることによる起こる障害の全般を指します。

下半身への種々の症状がこれに当たります。

骨盤から下、股関節、大腿部、膝、下腿部、足首、足底などに起こる障害です。

具体的には・・・

股関節痛・太ももの筋肉の痛み・ランナー膝・シンスプリントなどの下腿部の痛み

ふくらはぎの肉ばなれ・足関節痛・足底筋膜炎などさまざまな症状を示します。

ランナー障害って何ですのん?

原因は・・・

簡単に言うと走りすぎによるものです。

また、硬い道路を走ったり、足に合わない靴で走ると起こりやすいです。

その他、体力や筋力に合った距離を走っているかも関係してきます。

健康を目的にランニングされる方は、1回5キロを週に2、3回が良いそうです。

一度、不具合が出るとなかなか治りにくものです。

ランニングされる方で痛みなどを感じたらすぐに専門家に診てもらいましょう。

特にマラソンの大会などに出た後などは、疲労から痛みが出やすくなります。

一生懸命、全力を尽くした後は、痛みがなくてもきっちりとメンテナンスをしましょう。

当院でも大阪マラソンや神戸マラソンで出場される患者さんがお越しになっています。

===================================

【宝塚市の整骨院】整体・マッサージ師も通院・根本改善なら「しばた接骨院」

宝塚市川面5-16-1 (JR宝塚駅より徒歩3分)

TEL 0797-85-1818

「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

===================================

コメントを残す