バッティングの基本は、バットを振らないこと!?

息子が所属する少年野球チームでコーチをしています。

試合にも帯同することも多くなり、多くの野球少年を目にします。

私は、治療家なので野球は専門ではないですが、身体の使い方は専門家です。

野球でもゴルフでもテニスでもスイングスポーツには共通点があります。

野球で例えた方が例えやすいのでバッティングで例えます。

バットを振るという作業ですが・・・

打てる子と打てない子の差はどこにあると思いますか?

打てない子は・・・

バットを腕で振ります。

腕で振るから腕の力を使います。

子どもは特に非力なので腕で振る子は、バットの重さにスイング負けします。

すると手首をこねてしまうためにボテボテのゴロが多くなります。

上手く打てたとしても引っ張る方向にはあまり良い打球が飛んでいきません。

打てる子は・・・

バットを腰で振ります。

腰回転と下半身の力を利用してバットを振るので上手く力が伝わります。

身体の回転とバットが一体となってスイングするのでスムーズに力強くスイング出来ます。

右打者なら上手く打てると打球がショート方向に鋭い打球が飛びます。

体重移動がスムーズにいくとバットの重さを全身でカバー出来るのでスイング負けしません。

バッティングの基本は、バットを振らないこと!?

体格が良く力のある子は、体格でスイングするのでスイング負けしませんが、

それはバッティングが上手いわけではありません。

現状の体格差だけの問題です。

きっと中学生になり周りの子の体格が追いついてくると打てなくなるでしょう。

バッティングの基本は、腰回転と下半身の体重移動です。

これを身につければそこそこ打てるようになるはずです。

バットを腕で振る意識を変えることです。

少年野球チームでここまで教えてくれるチームは少ないようです。

バッティングは、構えから重要になります。

足の幅・軸の取り方・バットの引き方など構えがしっかり出来れば自然と腰が回ります。

当院にケガなどで訪れてくれる野球少年にはいつも指導しています。

理屈が分かれば体現するだけです。

しっかりと素振りをすれば身に付きます。

親御さんも一緒に理解が深まるとお子さんのバッティングのチェックが出来るようになります。

ウチの子もそうですが・・・

自分なりに素振りしていても上手くいかないことも多いです。

たまにスイングチェックをしてポイントを押さえてやります。

手前味噌にはなりますが・・・

3年生の長男は、6年チームでレギュラーで出ています。

5年生や6年生に比べれば当然非力です。

でもバッティングの基本ができているから非力でも打ち返せるのだと思っています。

治療家の立場からにはなりますが、身体の基本原則とともにお伝えすることは出来ます。

ご興味ある方は、ぜひぜひご相談くださいね。

どんなスポーツでも身体の基本原則に反しては身体は動きません。

身体の動きには、原理原則があります。それを理解するだけも飛躍的に能力が向上します。

WEB簡単予約は下記のリンクをクリック!!

しばた接骨院WEB予約(←クリック)

24時間いつでもご予約頂けます!!

LINE登録でも、ご予約やお問い合わせが可能です!

友だち追加

======================================

【宝塚市の整骨院】整体・マッサージ師も通院・根本改善なら「しばた接骨院」【公式HP】

宝塚市川面5-16-1 (JR宝塚駅より徒歩3分)

TEL 0797-85-1818

「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

阪急宝塚線、今津線・JR福知山線などアクセスも良く宝塚市・西宮市・川西市

三田市・伊丹市・尼崎市・池田市・豊中市を中心に県内・県外からも来院する治療院

======================================

治療家のための治療院『梁山泊』 梁山泊108星の33星としても活躍中!

ご興味ある方は、梁山泊のホームページもご覧ください。

http://www.ryozanpaku.club/

コメントを残す