骨盤矯正の本当の話(パート1)

6月に【骨盤ケアプログラム】というセミナーの講師をします。

骨盤に特化した形のプロ向けのセミナーですが・・・

何故?「骨盤矯正」という名前のセミナーではないのでしょうか?

そこには大切な意味があります。

骨盤に関して、再勉強し、当日お話するようなお話を少ししたいなと思い書いています。

「骨盤矯正は必要なのか?」

答えは・・・「骨盤は人間の身体にとってとても大切ではありますが・・・、矯正の必要はない

「矯正をしてもいいけど、もっと大切なことがある」ということです。

何故、人間にとって骨盤が大切なのか?

発達学上の問題です。

もともと、動物は四足歩行です。内臓を守るためには、肋骨(胸郭)がとても重要でした。

特に、お腹側は重要で内臓の重さを支えるのには、胸郭の強度が必要となっています。

人間は進化していく過程で二足歩行となりました。

ここで内臓を守るために胸郭より骨盤の役割がとても大切になりました。

今まで胸郭で支えていたものが骨盤に役割が変わり、骨盤の重要度がかなり増したのです。

今日の人間は、内臓の働きに骨盤が欠かせないものになっているのです。

呼吸の重要性や心臓や肺を守る上で胸郭も大切なのは今でも同じですが・・・

骨盤矯正の本当の話

【骨盤は身体を守るために歪むもの】

骨盤は・・・内臓の疲れや筋肉の疲労から身体を守るために歪む構造となっています。

これがある程度、きっちりを歪むから人間は二足歩行で耐えることが出来るのです。

もし、歪まなければ身体に遊びがなくなり疲労から耐えることが出来なくなるのです。

だから骨盤は常に遊びがある状態を作ってやらないといけないのです。

骨盤自体も関節です。関節は遊びがないといけません。

肩などを代表とする関節が自由に動くことが出来るのは、遊びの部分が大きいからです。

女性が出産に耐えることが出来るのは、男性より骨盤が柔軟で遊びが大きいからです。

ということは・・・

骨盤はその時その時の身体の状態に併せて自由に歪むようにしてあげないといけないということですね。

「骨盤は大切ですが・・・矯正の必要はない」という意味はここにあるのです。


===================================

【宝塚市の整骨院】整体・マッサージ師も通院・根本改善なら「しばた接骨院」

宝塚市川面5-16-1 (JR宝塚駅より徒歩3分)

TEL 0797-85-1818

「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

===================================

 

コメントを残す