妊娠後期のお腹の張りと腰痛

妊娠後期になるとお腹も大きくなり、突っ張り感を感じる方が増えてきます。

また、同様に腰痛や臀部の痛みを訴える方も増えてきます。

お腹が大きくなると身体の外側の筋肉を使う為にお尻の筋肉や太ももの筋肉がいつも以上に緊張状態となります。

外側の筋肉を使いすぎると内側(インナーマッスル)の筋肉が使えなくなる為にお腹の支えが弱くなり必要以上に下へと垂れ下がってしまいます。

これがお腹が大きくなり、突っ張ってしまう要因です。

また、下へ下へとお腹が大きくなる為にそれを補正するために腰を大きく反らしてしまいます

この状態が続くことで腰痛が出現してしまいます。

お腹の突っ張り感がある時に外側の筋肉を緩めてあげると腰痛対策にもなります。

見た目では、大きなお腹が小さくなります。

妊娠後期のお腹の張りと腰痛

(写真の右がアフターです。お腹の位置が上がり、腰の反りが減っています。細くなったようにも見えますね。)

それは、インナーマッスルが働き出すことで内側の支えが活性化するからです。

内側の支えがしっかりするとお腹が上に上がりますので、骨盤への負担も減ります。

妊娠後期のお腹の張りを少なくすることは・・・

腰痛対策

内臓下垂対策

骨盤への負担対策

安産

産後の体調良化

へと繋がります。

当院では、妊婦さんの負担が少ないような専門も施術を行っています。

詳しくは、コチラをご覧ください。

見た目で言えばお腹が小さいほうが安産傾向にあります。

これは、単純にお子さんが小さいからというものではありません。

お腹が大きいのには大きいなりの理由があります。

ぜひ、安産のお手伝いをさせてください。

WEB簡単予約は下記のリンクをクリック!!

しばた接骨院WEB予約(←クリック)

24時間いつでもご予約頂けます!!

LINE登録でも、ご予約やお問い合わせが可能です!

友だち追加

======================================

【宝塚市の整骨院】整体・マッサージ師も通院・根本改善なら「しばた接骨院」【公式HP】

宝塚市川面5-16-1 (JR宝塚駅より徒歩3分)

TEL 0797-85-1818

「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

阪急宝塚線、今津線・JR福知山線などアクセスも良く宝塚市・西宮市・川西市

三田市・伊丹市・尼崎市・池田市・豊中市を中心に県内・県外からも来院する治療院

======================================

コメントを残す