左足の小指と薬指が痛い・・・原因は風邪??

何かあればいつも駆けつけてくれる40代の女性患者さんのご来院がありました。

今回は、1ヶ月くらい前から左足の小指と薬指が痛いとのことです。

何かぶつけたり、捻った記憶はないとのことです。

1ヶ月くらい前に風邪をひいたくらいから痛いと言っています。

まずは、足の状態を診ます。

左足の小指と薬指付近にには圧痛があります。

左足のすねの部分、前脛骨筋がパンパンに張っており、痛みがあります。

通常なら・・・

この前脛骨筋の張りからきているかも知れないと考え、施術開始していくと思います。

筋肉や関節の繋がりから考えれば決して間違っていないとは思います。

左足の小指と薬指が痛い・・・原因は風邪??

当院では・・・

ここから本当の原因追求が始まります。

痛めた記憶のないものなので何故、そこが痛いのかを追求しなければいけません。

腹圧の検査により胃の調子が悪いことが確認できます。

お聞きすると・・・

風邪の治りが悪く、咳が続いているとのことです。

薬を飲んでいてもあまり効果がないようです。

そして薬のせいで胃が痛いようです。

これで足の左側の小指と薬指付近が痛いのが繋がります。

胃の調子が悪いために胃の流れをくむ箇所に痛みを発しているのです。

『私、今、胃の調子が悪いですよ。』というお知らせです。

施術としては・・・

胃の調子を上げることが重要になります。

同時に薬を止めてもらないと胃の調子は上がってきません。

であるならば・・・咳の状態を何とかしなくてはいけません。

しばた接骨院では、出ている症状から身体の繋がりを考え施術します。

今回のケースは、その典型例でもあります。

痛いところが悪い!の発想ではなかなか結び付かないものです。

診方としてこんな診方もあるということをご認識頂けると嬉しいです。

WEB簡単予約は下記のリンクをクリック!!

しばた接骨院WEB予約(←クリック)

24時間いつでもご予約頂けます!!

LINE登録でも、ご予約やお問い合わせが可能です!

友だち追加

======================================

【宝塚市の整骨院】整体・マッサージ師も通院・根本改善なら「しばた接骨院」【公式HP】

宝塚市川面5-16-1 (JR宝塚駅より徒歩3分)

TEL 0797-85-1818

「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

阪急宝塚線、今津線・JR福知山線などアクセスも良く宝塚市・西宮市・川西市

三田市・伊丹市・尼崎市・池田市・豊中市を中心に県内・県外からも来院する治療院

======================================

コメントを残す