膝の痛み!膝の腫れは、何故引かないのか?

膝が痛くなって水が溜まっているから病院で抜いたもらった。という話は良くお聞きします。

1度や2度水を抜いて痛みもなく、楽になったというケースもお聞きします。

でも、何度も何度も抜いているのに一向に良くならないという方もいらっしゃいます。

膝の痛み!膝の腫れは、何故引かないのか?

では、何故また溜まってしまうのか?

そもそも、膝に限らず関節には、関節を滑らかに動かそうとする為に関節液というものが存在します。

普段は、この関節液の供給と吸収のバランスが取れている為に関節に溜まるということがないんです。

しかし・・・膝など関節に何らかの不具合が生じると・・・

身体(脳)が反応し、「もっと関節を滑らかにしなくては・・・」と過剰供給を始めるんです。

その過剰供給が吸収力を上回ると関節に液体が溜まってしまうんですね。これが腫れの原因です。

ということは・・・関節の状態が良くならない限り過剰供給は収まらないということですね・・・

これは、あなたの身体(膝)にとって必要だから、供給力を上げているんですね。

なのに・・・

必要なものを抜いてしまうのは、本当に身体(膝)にとって良いことなのでしょうか?

そこに腫れが引かない原因があるのではないでしょうか?

膝そのものの不具合を解消しない限り、溜まる一方なんですね。

一方では・・・

吸収力の低下も考えれます。体内循環の悪さが吸収力に影響している場合もあります。

血液やリンパ液を代表とする体内循環の問題ですね。

当院では・・・

不具合と体内循環の2点を中心に施術するよう対応しております。

===================================

【宝塚市の整骨院】整体・マッサージ師も通院・根本改善なら「しばた接骨院」

宝塚市川面5-16-1 (JR宝塚駅より徒歩3分)

TEL 0797-85-1818

「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

===================================

コメントを残す