骨盤の開閉リズムから考える骨盤の重要性

前回の投稿で骨盤の開閉リズムのお話をしました。

一日のリズム、生理周期でのリズム、季節でのリズムがあります。

骨盤は・・・

活動したり、熱を温存したり、栄養を保持する時には閉じています。

逆に安静時や熱を放射したり、老廃物を排出する時には開いています。

身体のリズムに合わせて開閉するものなのです。

これは生理的現象なので自分の意思で変えれるものではありません。

骨盤の開閉リズムから考える骨盤の重要性

例えば・・・冷え性

冷え性の方は、骨盤のリズムから考えると閉じようとしなければいけません。

でも開いた状態になってしまっているから熱を保持することが出来ません

開いているから老廃物が出やすいか?というとそうでもありません。

しっかりと閉じないから開くときの開放力が弱くなってしまいます。

閉じない分開いた時の勢いも失ってしまいます。

水を流しているホースを指で押さえ離すと一気に水が流れ出す・・・そんな感じでしょうか?

骨盤の動きが弱いために出す能力をも低くなってしまうのです。

だから冷え性の方は、便秘や生理時の不具合が多いのだと思います。

これらの原因の一つとして・・・

内臓下垂が考えられます。

内蔵が下垂すると骨盤内の空洞に余裕がなくなります。

閉まろうと思っても締まりきらなくなってしまいます。

内臓下垂は、年齢によるものもありますが・・・

多くは、内臓疲労です。

内臓は自由意思で動かすことが出来ません。だから内臓が疲れた感覚もありません。

肩が凝った、何となく怠いなんて疲れを感じている時は、内臓も疲れています。

その状態が続けば内蔵がどんどん下がっていってしまいます。

これは、自律神経にも関係があります。

簡単ではありますが、自律神経が乱れると内臓の働きが鈍ります

そうなることで内臓下垂に繋がっていきます。

体型よりもお腹がポコッとしている方は、内臓下垂傾向にあります。

肩こりや首こりがある方は要注意です。

これ以上書くとややこしくなるので今日はこれくらいでご勘弁!

WEB簡単予約は下記のリンクをクリック!!

しばた接骨院WEB予約(←クリック)

24時間いつでもご予約頂けます!!

LINE登録でも、ご予約やお問い合わせが可能です!

友だち追加

======================================

【宝塚市の整骨院】整体・マッサージ師も通院・根本改善なら「しばた接骨院」【公式HP】

宝塚市川面5-16-1 (JR宝塚駅より徒歩3分)

TEL 0797-85-1818

「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

阪急宝塚線、今津線・JR福知山線などアクセスも良く宝塚市・西宮市・川西市

三田市・伊丹市・尼崎市・池田市・豊中市を中心に県内・県外からも来院する治療院

======================================

一般社団法人 フォーライフ協会 (http://for-life.site)
ソーマダインアカデミー長として治療家育成にも活躍

コメントを残す