腰椎椎間板ヘルニアでレーザー手術したのに・・・【宝塚市の整体マッサージ】しばた接骨院

年初からお越しになられた50代の女性患者さん。

十数年前にヘルニアでレーザー手術をされたそうです。

手術後少し良くなった感はあったけども期待していた改善は見られなかったそうです。

今でも左足にしびれ感が残り、疲れが溜まるとぎっくり腰の手前のような症状が出るとのことでした。

患者さんの紹介で「他とは違った見方をしてくれるから行ってみたら・・・」と言われお越しになられました。

レーザー手術したのに改善しないということは、ヘルニア自体が症状と関係がないことは明白です。

とういうことは・・・

腰には異常がないということですね。

腰椎椎間板ヘルニアでレーザー手術したのに・・・【宝塚市の整体マッサージ】しばた接骨院

では、何が原因かを考えなければいけません。

他に手術の経験は?と尋ねると・・・

帝王切開の術歴があるとのこと。それも腰が痛くなる前の出来事だそうです。

多分これが原因です。

お腹を触診すると・・・左の下腹部がとても硬くなっています。

左足のしびれの原因は多分これです。

皮膚は、切開してしまうと縫って繋げます。それは、皮膚を引っ張りこんで繋げるので、どうしてもツッパリ感や違和感が残ってしまいます。

盲腸の手術した人なんかにも同じような傾向が見られます。

常に引っ張られることで下腹部が硬くなってしまい、下半身への循環を鈍らしてしまっているのでしょう。

この部分をしっかりと調整し、改善していけばきっとしびれ感は良くなると思われます。

切開などの手術経験者には、腰痛持ちや下半身のしびれ感を持つ方がたくさんいます。

原因が分からず困っている方も多いようです。一度ご相談頂けると嬉しいです。

=====================================

【宝塚市の整骨院】整体・マッサージ師も通院・根本改善なら「しばた接骨院」【公式HP】

宝塚市川面5-16-1 (JR宝塚駅より徒歩3分)

TEL 0797-85-1818

「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

阪急宝塚線、今津線・JR福知山線などアクセスも良く宝塚市・西宮市・川西市

三田市・伊丹市・尼崎市・池田市・豊中市を中心に県内・県外からも来院する治療院

=====================================

コメントを残す