坐骨神経痛

【坐骨神経痛が改善しないのは、適切な治療、施術を受けていないからです】

病院や治療院でも思うように改善しないとお声の多い、坐骨神経痛。プロフィール1

「レントゲンでヘルニアがある言われた・・・」

「異常がなくシップと痛み止めだけもらった・・・」

「マッサージしても一向に良くならない・・・」

なんてお声も良くお聞きします。

長年、坐骨神経痛で悩んでおられる方も多くいると思います。
どこの治療院は行けば、改善するのかお悩みの方も多く、正直に言うと
坐骨神経痛自体を理解せぬまま、施術を施している治療院もたくさんあるのが現状です。
そんな不安を少しでも払拭できるよう当院の考え方を解説しますので、ぜひご覧下さい。

【坐骨神経痛とは・・・】

そもそも坐骨神経痛とは何なんでしょうか?
腰からお尻、太もも、ふくらはぎにかけての痛みやしびれを感じている方が
多いではないでしょうか?
中には立っていられない・・・座っていられない・・・という方もたくさんいらっしゃいます。

【当院では3つに分類します】

1.脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアにより神経が圧迫されている場合

実は、このケースでの坐骨神経痛はしびれを伴う方が多くいます。。
しびれがない場合は、神経の圧迫は考えられず、他の要因により坐骨神経痛を
引き起こしていると考えます。

レントゲンや検査で狭窄症やヘルニアと診断されても腰痛や坐骨神経痛とは直接
関係ないケースも多く報告されています。
一度、違う形で症状と向き合うことをオススメ致します。

2.筋肉の疲労や極度の硬さが原因

長年の不良姿勢や日頃の疲労が腰痛となり、坐骨神経痛を引き起こしている
ケースがあります。
この場合は、背骨にしなりを作り、筋肉を緩ませることで改善することがほとんどです。

3.下半身の血流不足

内臓の働きが鈍かったり、冷え症などので下半身への血流が不足していると
坐骨神経痛を引き起こすケースがあります。

それに伴い、筋肉も硬くなりより症状を悪化させている場合があります。
これは、女性に限らず男性でも多いのが現状です。

冷え症ではないとお感じの方でも十分に可能性があります。

腰痛を併発されている方もたくさんいらっやいます。
腰痛のページも併せてご覧頂けると嬉しいです。

【当院ではこんな治療をします】

上記でも示したように、筋肉と血流が大きく関与します。熊谷奈美5

当院では・・・

内臓の働きを活性化し、下半身への血流を促します。

背骨にしなりを作り、筋肉を緩ませ、痛みの取れやすい身体作りをします。

メインは、この2つなります。

その他、ストレスや他に症状を抱えている方にはその原因も追求し施術していきます。

【坐骨神経痛が改善した患者さんのお喜びの声】

5年間椎間板ヘルニアと坐骨神経痛に苦しんでました。特にこの2年間は
神経痛で左足をひきずってました。Facebookでしばた接骨院の院長と知り
合いになり施術を受けました。私は、整形外科、整骨院、鍼灸院と数々の
院を行きましたが神経痛は治りませんでした。が!しばた接骨院で1回の
施術で痛みが治りヘルニアも楽になりました。今はジョギングが出来るま
でになりました。他にも自律神経も調整してもらい精神も楽になりました。
施術はぼきぼきは無くソフトです。今は中1の娘もお世話になってます。

(50代 男性 宝塚市 会社員)