アトピー性皮膚炎

【アトピー性皮膚炎はデトックスできる身体作りが大切です】

アトピー=付き合っていくものとお考えの方も多いかと思います。 karinn

確かにその側面は否めません。 1日や2日でどうにかなる問題でもありません。

でも、きっと良くなるんです。私が上手く付き合えるようになったのですから・・・

時には、痒くなる時もあります。でも悪化することはほとんどありません。

もし、今より状態が5割良くなるとしたらどうでしょう?

周りを気にすることなく、生活できるようになったらどうでしょう?

今までたくさんの努力をし、辛い思いをされてきたと思います。

その努力を結果に結びつけていきませんか?

夜痒くて眠れない

掻きむしって肌がボロボロ

赤みが気になり人前に出たくない

乾燥で肌がポロポロとれて床が白くなるほど皮膚が落ちてしまう

ジュクジュクの肌で滲出液で服に引っ付く

など本当にお困りの方が多いと思います。

私もアトピー体質、今では薬にも頼らず、周りから見てもアトピーと分からないくらいになっています。

このホームページにたどり着いたあなたもきっとアトピーでお悩みだと思います。

病院に行っても改善がみられない

長年、アトピーと付き合って精神的にも疲れてきている

薬を塗り続けることしか改善策がないと思う

そんなあなたのお悩みに私自身の経験や施術の経験も踏まえお話したいと思います。

【アトピーは呼吸・腸内環境・疲労回復機能が大切です】

呼吸(肺機能)

アトピーは、東洋医学では呼吸系が弱いと言われています。

小さなころ喘息持ちでアトピーになったという方もたくさんいます。

元々呼吸系が弱い方が多いのが一つの特徴です。

呼吸が弱いと酸素交換が上手くいきません。

身体の隅々まで酸素が上手く行き届かないために起こってしまう現象でもあります。

腸内環境(便秘がち)

アトピーの方の特徴として便秘がちな方が多いです。

東洋医学では、肺と腸は密接な関係があります。

元々呼吸が弱い方は、腸の働きが弱い方も多いのです。

デトックスする力が弱いために、出すべき老廃物が肌に出てしまうのがアトピーの特徴となります。

また、汗をかきにくい体質の方も多く、肌からもデトックスしにくい方が多いのです。

疲労回復機能(副腎疲労)

塗布薬でも使われるストロイドは、副腎皮質ホルモンです。

実は、ステロイドは副腎が出すホルモンなのです。

炎症反応に対して出すべきステロイドが身体から出にくい体質が肌に炎症を起こしてしまうのです。

副腎機能は、ストレスに有無によって機能します。

副腎機能が弱いとストレスに弱くなり、疲労が抜けにくい身体となってしまうのです。

【当院のアトピー施術は、呼吸・排泄・疲労回復機能を高めること】

上記のようにアトピーに悩む方は、特徴的な体質があります。

これらの機能を高めることがアトピーのお悩みを少しでも少なくすることに繋がります。

自律神経調整により内臓機能を高め、ホルモンバランスを整えます。

呼吸は、胸郭に弾力を持たすことで広がりある胸郭にし、呼吸のしやすい身体作り

腸内環境は、腸の働きを促し、老廃物出しやすい身体作り

疲労回復は、副腎機能を高め、ホルモンバランスを整える身体作り

以上、3つに主眼をおいて身体作りをしていきます。

【ご自身で気をつけて頂くこと】

ストレスを貯めないこと自律神経失調症は、何とかしたいと思う気持ちが大切です。

アトピーは、精神的ストレスが大敵です。

ストレスを感じるなというのは、無理かもしれませんが、 リラックスできる趣味や環境を見つけて頂くことが大切となります。

食を見直すこと

1日3食は、腸が働き過ぎとなります。1日2食にするまたは、一度の食事量を減らすなど、 腸を休める機械を増やすことが大切となります。

また、ジャンクフードなどの腸に大きく負担の掛かるもの、添加物など毒素の高いものは避けるようにしてください。

汗をかくこと

半身浴や有酸素運動などで汗をかきましょう。初めは、なかなか汗が出にくかったりしますが、 汗腺は鍛えることが出来ます。

汗をかいた後、痒くなるから嫌という方もいますが、シャワーをしたりして対象しましょう。

断薬より減薬を考える

まずは、薬を減らすことを考えます。いきなり今までの薬をやめてしまうとリバウンドが激しくなってしまいます。

施術も同じですが、効果は少しずつです。症状が良くなるにつれ、少しずつ薬を弱いものにしていくようなアドバイスをしていきます。

詳しいアドバイスは、施術に来れれた際にアドバイスさせて頂いております。

きっとあなたにあった方法があると思うので、一緒に考えていきましょう。

私自身が体験したこと、継続して出来ていることなども含めてアドバイスさせて頂きます。

【アトピー性皮膚炎が改善された患者さんのお喜びの声】

成人になりアトピーが悪化してしまいました。 私は、冬の乾燥に弱いタイプで、冬は掻きむしってしまう傾向にありました。 ステロイドは、ダメだと分かりながらも頼ってしまう日々が続きました。

たまたま、ここのブログを見て、この先生ならと相談しにきました。 よく見る、ビフォーアフターは、極端な例であること。 良くなったり悪くなったりは繰り返すことがあること。 など正直にお話してくれたことが信頼へとつながりました。

無理なく通うことができる提案を受け、通うことを決心したのを覚えています。 今では月に一度の通院で、以前より格段に良くなっています。 訳も分からないサプリに頼るくらいなら先生の施術を受けに来ることをおすすめします。

(30代男性 宝塚市 会社員)

子供のアトピーで相談しました。 肘、膝がジュクジュクになり身体をあちこちかく姿に何とかしたいとご相談しました。 色々調べて、まずは薬に頼らない方法でと考えた結果です。

1歳を過ぎたころから悪化したアトピーは3ヶ月後にはほとんど分からなくなりました。 『思ったより早く良くなりましたね。お母さんの努力の結果ですよ。』と言われた時には本当に嬉しかったです。 私自身が食生活を見直すきっかけにもなり、私も肌荒れがなくなりました。

(20代女性 西宮市 主婦)